長福寺の方丈記

住職研修会

毎年恒例の大雄山最乗寺での住職研修会に参加して参りました。

神奈川県東部の曹洞宗寺院の僧侶約80名参加の研修でした。

講義内容としては、墨跡講座(掛け軸の勉強会)、人権に関する学習会、正法眼蔵(道元禅師執筆の仏教思想書)研究会等々でした。

更に、朝4時起床にて、暁天坐禅や、朝課(朝の勤行)に参加しました。

毎日の自坊でのお勤めとはまた違って、僧侶約80名での読経は身の引き締まる思いで過ごした2日間でございました。

 

大雄山最乗寺は、神奈川県南足柄市にある曹洞宗の名刹であり、約20名の修行僧を抱える地方僧堂でもあります。

「天狗のお山」「道了さん」としても知られ、老杉に囲まれた山深いお寺です。

現在、山主で在られる石附周行老師は、平成9年の長福寺の晋山落慶法要の際には、御導師を務められ、大変お世話になりました。

石附老師は、大本山總持寺の副貫主としてもご活躍されていらっしゃいます。


カテゴリ

アーカイブ