長福寺の方丈記

2014年5月アーカイブ

コミュニケーション

毎日、お寺にはいろいろなご相談の方がいらっしゃいます。

明日からは、6月。

あと一か月もすればお盆の季節になります。

今年新盆を迎えられる方や、お墓やご仏壇のことなど普段気にかかっていらっしゃることを

この時期に相談したいと思われる方も多いと思います。

今週もお棚経のご依頼や、墓石のお掃除のことなどお問合せがございました。

どの方も、ご先祖様を大切に思い、ご家族と相談されてからお寺に聴いてみようということになったようです。

ご家族や御親戚の方々とお話合いをする、コミュニケーションをとることは、とても大切なことです。

お話しを伺ってみると、ご家族や後継ぎさんにはまだ話してないということも時々あります。

大事なご先祖さまや、これからのご家族に関わる大切なお話です。

ぜひ、ご家族とお話ししてください。

今さらながら人間は、一人では生きて行けません。

また、ご先祖様があったからこそ今があるのです。

基本にたちかえって、人と人がコミュニケーションをとることの大切さを改めて感じてみては如何でしょう。

 

 

 

 

気づくこと

境内の緑も日増しに濃くなっていきます。

6月に入れば間もなく雨の季節がやってくるでしょう。

季節の移り変わりは、私たちの生活に変化を与えてくれます。

お寺の生活も季節にあわせ準備を整えております。

緑の変化には気づきながら、慌ただしく毎日を送る中で、自分の変化、

心や体の声に耳を傾けることは、いったいどのくらいあるのだろうかとふと考えます。

最近、少しふくらはぎに痛みを感じていたのですが、

薄紙をはぐように痛みが治まりいつの間にか治っておりました。

ちょっとした心身の変化にも気づけるように、規則正しい生活を送り、

自分の姿に注意を払い、精進する、改めて気づかされました。

長福寺には「福寿観音」が墓苑の一番高い場所にあって私達を見守り下さっていらっしゃいます。

お参りにいらした皆様に観音菩薩は、どのような仏様なのでしょうかとご質問を受けます。

仏様には、如来(にょらい)、菩薩(ぼさつ)、明王(みょうおう)、天部(てんぶ)などと

仏様の役割によって呼び方が違ってきます。

観音菩薩は、正式には、観世音菩薩といいます。

阿弥陀如来(あみだにょらい)の慈悲の面を強調した菩薩で

如来の化身として実際に衆生(しゅじょう)を救う役割を担っていらっしゃいます。

人々の願いを直接聞き届け、救うことで、昔から崇拝されています。

観音菩薩のお姿は、お釈迦様の太子時代の頃のお姿が原型になっていますので、

王冠、首飾り、イヤリング、腕輪などの装飾品や綺麗な衣を身に着け髪を結い上げています。

 

福寿観音 

福寿観音様は、一面二臂(いちめんにひ 一顔二手)の観音菩薩で「聖観音しょうかんのん」と呼びます。

0318.jpg

 

 

母の日

暑くもなく寒くもなく本当に心地よい季節になって参りました。

尚一層、作務に励まねばと思います。

さて、明日は母の日です。

今日も赤や白のカーネーションを抱えたお墓参りの方々が三々五々いらっしゃいました。

私達がいくつになっても、母上様が亡くなってからも、母のありがたさは、変わらずご本人に感ずるものがあるのですね。

きっとお母様達も、それぞれが一番幸せに思う場所で生きていって欲しいと願っているでしょう。

5月に入り、急に気温が高くなり、庭作務をしていても陽射しの強さを感じます。

ゴールデンウィーク中もご家族皆さんでお墓参りされているお檀家様のお姿をほほえましく拝見しております。

 

4月18日に方丈記で長福寺の永代供養墓「比翼塚」について述べましたが、

皆様から御質問が多数寄せられておりますので

御質問が多いものにお答えします。

長福寺の永代供養墓

 

質問1 檀家にならなくてはいけないのでしょうか?

答え  永代供養墓の申し込んでも、檀家になる必要はありません。

     毎年の護持会費も納める必要はありません。

 

質問2 法要・法事を申し込むこともできますか?

答え  もちろん法要もお受けしております。

     お檀家様と同様に御本堂での法要をされる方もいらっしゃいます。ご相談ください。

 

質問3 合同供養祭はありますか?

答え  長福寺では、お施食会(おせじきえ7月28日)に合同でご供養をいたします。

     ご希望の方には、ご案内もさしあげております。

 

質問4 既に亡くなっている身内も納められますか?

答え  もちろんお納めできます。亡くなっている方の遺骨の申し込みも受け付けておりますし、

     ご自身が将来入る場所としてお申込みされている方もたくさんいらっしゃいます。 

 

質問5 宗派が違っても申し込むことはできますか?

答え  これまでの宗派が何であってもお申込みできます。

カテゴリ

アーカイブ