長福寺の方丈記

お彼岸の先祖供養、お墓参り

9月20日から26日までは秋のお彼岸です。

長福寺でもたくさんのお墓参りの方々がお見えになります。

長福寺からのお知らせでも述べましたが

「彼岸」とはお悟りの世界のことで、到彼岸(とうひがん)の略した言い方です。

私たちの世界(此岸しがん)から

お悟りの世界(彼岸ひがん)に到るという意味です。

特に秋分の日であるお中日は、太陽が真東から昇り真西(極楽浄土の方角)に沈み

昼と夜の長さがほぼ等しくなります。

仏教では、この世を東、あの世を極楽浄土のある西としており、

太陽が真東から昇って真西に沈む秋分と春分は、彼岸と此岸がもっとも通じやすくなると考え、先祖供養をするようになりました。

迷いと悩みのこちら側の岸から、煩悩の河を渡り、向こう岸の仏様がいらっしゃる悟りの世界に少しでも近づこうとお墓参りをするのです。

菩提寺のご先祖様のお墓は、この世(此岸)とあの世(彼岸)をつなぐ大事な場所です。

ご家族そろってお彼岸にご先祖様のご供養をし、お墓参りをいたしましょう。

 


カテゴリ

アーカイブ