長福寺の方丈記

2014年11月アーカイブ

人を思うことの大切さ

日本を代表する俳優の高倉健さんが83歳の生涯を閉じられたと報道されました。

高倉さんは、一昨年、主演した「あなたへ」のロケ地として協力を受けた富山県・富山刑務所を表敬訪問した際に

受刑者たちに「人を思うことの大切さ」をお話しされたと、テレビでその時の模様が放送されていました。

「人を思う、大切にする」

このことは、自分の周りを大切にし、それが自分自身を大切にすることに繋がるとても大事なことだと、

静かに語りかける高倉さんの映像を見て思いを新たにいたしました。

偉大なる銀幕の大スターのご冥福をお祈りいたします。

今日は坐禅会

今日は、午後から坐禅会が行われます。

年内は今日を含めて残り3回の予定です。

毎回、かかさず坐禅会に参加される方、初めての方など参加される回数は皆さん様々ですが、

ぜひとも形にこだわらずに坐禅を続けていただきたいと思います。

長福寺坐禅会での坐禅は、私達僧侶や修行僧が行う坐禅とは少し意味合いが違ってよいと思っています。

坐禅の作法や所作のついて教えのとおり、まずは坐ってみる。

少しすると体が何とも言えず心地良くなってくるはずです。

体が回りの自然と一体となって、充足感で満たされ、心地良い爽やかな気分になってきましたら

坐禅を組んでいるあなたにとってとても充実した一時であったとおもわれます。

坐禅は「調身、調息、調心」と昔からいわれています。

坐禅に取り組んでいる一時を大切にすればその効用は必ず私達の毎日に反映されるはずです。

坐禅で「身心の健やかな道」を目指すことが、坐禅をする意味に繋がるのではないでしょうか。

立冬

今日は立冬です。

季節の移り変わりは本当に早いものです。

境内も一層、秋が深まって参りました。

毎年この時節になりますと、師走の足音が聞こえないうちに

あれもやっておこう、これもやっておかなければと気持ちばかり焦って

慌ただしい日々を送りがちになってしまいます。

今年こそは、多忙な中にも、自分をしっかりみつめてゆったりと歩いていこうと思います。

境内の自然の移り変わりを肌で感じながら、自分の中の感性に問いかけをする、

そんな心がけをしたいと思っています。

 

カテゴリ

アーカイブ