長福寺の方丈記

長崎原爆の日から70年

今日8月9日は、70年前、広島に続き長崎に原子爆弾が投下された日です。

長崎市では平和祈念式典が開かれました。

11時2分の原爆が投下された時刻には、私も黙祷し、犠牲になれた方々のご冥福を祈りました。

報道によれば、広島・長崎に原爆が投下された日がわからない人達が、50パーセントを超えているという調査結果が出ているようです。

毎年、8月になると、テレビ放送でも、原爆や、戦争のことなどに関する番組が増え、「被爆国日本」のあり方を考える機会がふえます。

戦争体験の風化が進み、この大事な体験の継承が重要な課題となっている中、是非とも、夏のこの時期だけでなく、日常に「平和のこと」について考えることができたらと思います。

核兵器が全世界からなくなること、戦争によって苦しむ人々がいなくなることを切に願い、

一人ひとりが考え、行動していけたらと思います。


カテゴリ

アーカイブ