長福寺の方丈記

釈尊成道会

本日12月8日は、釈尊成道会、お釈迦様がお悟りを開かれた日です。

当山でも、成道会の法要をいたしました。

 

お釈迦様は、7年間の厳しい苦行の実践をつづけられ、その結果、苦行も悟りに達する道でないことに気づき山を降りられます。

その後、衰弱したお体をナイランジャナーの河で清め、村の娘スジャータの捧げる乳粥で体力を回復し、菩提樹の下に坐禅し、瞑想に入られました。

お釈迦様は、その時、お悟りをひらくまでは、ここを立たないと誓いをたてられました。

そして、坐禅に入って8日目の明け方、明けの明星(あけのみょうじょう)をごらんになって

お悟りをひらかれました。

このようなお釈迦様の修行のお姿を見習って、曹洞宗では、坐禅を修行の根本としております。

 

本日は、ご法要やご相談など、慌ただしい1日となりましたが、その後、私もお釈迦様のお姿を見習ってじっくりと坐禅に取り組みました。

今週末の12日(土)は、今年最後の坐禅会が開かれます。

皆さまのご参加をお待ちしております。

 


カテゴリ

アーカイブ