長福寺の方丈記

2017年8月アーカイブ

送り火

13日からのお盆中にお帰りになられていたご先祖様や新しい御霊も、今夜は、仏様の世界にお帰りになられる「送り火」となります。

ぜひ、心のこもったご馳走でお腹をいっぱいにして送り出してあげましょう。

今年のお盆は、雨模様の日が続きました。

13日からの3日間、各ご家庭へお棚経に伺いました。

どのお宅も精霊棚の設えもよくされ、雨の中、親戚の方々もお集りいただいて無事にご供養がすみました。

ご先祖様も新しい御霊も、さぞお喜びのことと思います。

いろいろなお心遣いをしてくださった皆様に感謝いたします。

今日からお盆 お棚経

今日から16日までお盆です。

お盆、すなわち「盂蘭盆うらぼん」の語源は昔のインドの言葉「ウランバナ」で、

その音を漢字にあてはめたものです。

また、「お盆」は、器という意味があり、この時期にお迎えする御先祖様にお供えする器であり、

それが「盂蘭盆」の盆と一緒になったという説もあります。

当山では、今日は、朝からお盆のご供養をいたしました。

その後、お檀家さまのお宅にお伺いしてお棚経(おたなぎょう)を行いました。

今日は、地元のお檀家様を中心に50軒ほど回りました。

明日、明後日と地元以外のお檀家様のお宅に伺います。

今日は、毎年の事ながらどのご家庭も精霊棚のご準備もよくされ、時間通り順調に進みました。

暑さの中、時間が限られている中、お心遣いをしてくださった皆様に感謝いたします。

広島原爆の日

72年前の今日8月6日は広島に原爆が投下された日です。

今年も原爆投下時刻の8時15分に黙祷をいたしました。

 

被爆体験をされた方々の平均年齢も上がり、被爆体験を風化させないようにすることや、

平和都市として世界に関心を持たれる都市になるまで復興への強い思いや願いを捨てずに、必死で生きてきた人々のことも私達は忘れてはならないと感じます。

カテゴリ

アーカイブ