長福寺の方丈記

梅雨入り

関東地方も恵みの雨の季節を迎えました。

朝から降り続いた雨で境内の植物も瑞々しい雫を湛えていました。

その中の一つ夏椿が今年も清々しい花々を咲かせています。

日本では、夏椿を仏教の聖樹、沙羅双樹(サラソウジュ)としていることが多いようです。

これはナツツバキ別名「シャラノキ」をインド原産のフタバガキ科の「沙羅双樹サラノキ」とした説などがあります。

ファイル 2018-06-03 10 40 28.jpeg

 

花は一日花で朝開花し、夕方落下します。

「僅か一日の大切な命を悔いなく精一杯咲く」この花と、「今日なすべきことを精一杯することが大切である」というお釈迦さまのみ教えは通ずるものがあります。

また、この花は平家物語の冒頭、「沙羅双樹の花の色 盛者必衰の理をあらわす」にも描かれ、仏教の諸行無常の観念にも通じます。

※沙羅双樹(サラノキが2本ずつだったので沙羅双樹)は、お釈迦さまが亡くなられたとき四方に植えられていて季節はずれの花を咲かせたことから聖樹とされています。


カテゴリ

アーカイブ