長福寺からのお知らせ

2012年3月アーカイブ

真っ白の白木蓮が青空によく映ります。その姿には気高ささえ感じます。

 

「枝の先の、白く尖った蕾が、ツンツンと天を向き、やがてふっくらと花びらがほころぶと、木全体に無数の白い鳩がとまったようにたわわに見える。そして、まだ冷たい早春の風に、ふくよかな甘い香りが漂った。」

 

この一節は、長福寺のお檀家さまで作家の森下典子さんが上梓された『一緒にいるだけで』の序章の中に収められています。白木蓮をとてもよく表現されていると思います。

 

ハクモクレン モクレン目モクレン科モクレン属の落葉高木

9枚に見える花弁のうち3枚は白いガク

蓮に似るので「木蓮」、 以前は「木蘭花」とよばれた。

mokuren1.jpg

mokuren2.jpg

mokruren3.jpg

 

 


河津桜とヒヨドリ

 満開の河津桜にヒヨドリがやってきて蜜を吸っているようです。

 

カワヅザクラ  オオシマザクラとカンヒザクラの自然交雑種 

ヒヨドリ     スズメ目ヒヨドリ科ヒヨドリ属

 

hiyodori.jpg

 

 


この度、長福寺では、大本山永平寺の参拝を企画致しました。曹洞宗の大本山永平寺をお参りして、翌朝、曹洞宗名刹、国宝の瑞龍寺のお参りと金沢の伝統工芸の観光をいたします。この機会に皆様お誘い合わせの上、多数ご参加下さいますよう御案内申し上げます。

 

◇ 期  日 平成24年5月16日(水)〜17日(木)

◇ 参拝旅費 65,000円   ◇ 最小催行人員15名

◇ 申込方法 参拝旅費を添えて長福寺までお願いいたします。

  又は氏名・性別・住所・電話番号を明記し、FAX・お問い合わせフォームから

 長福寺にお申し込みの上、 参拝旅費を下記の ㈱ビーエス観光神奈川迄お振り込み

 ください。

 

 長福寺 / TEL045−942−7844 / FAX045−941−7130

       

  ㈱ビーエス観光神奈川 / TEL045−334−3400 

              振込先 横浜銀行 保土ヶ谷支店 (普)1077326

  ?TEL 045−334−3400  /

 

◇ 申込〆切 平成24年4月15日

 

 

 1日目

新横浜駅(7:52)発 ひかり503=====米原駅(9:49)–––     

    ––––北陸道––––(昼)大本山永平寺参拝(法話・諸堂拝観)––– 芦原温泉(泊)

 

2日目

旅館–––––北陸道––––九谷焼見学–––高岡 瑞龍寺(昼)––– 金沢 金箔工芸––

  ––––北陸道––– 小松空港(18:05)————JAL1280—→羽田空港(19:10))

 

《大本山永平寺》今から約750年前の道元禅師によって開創された「日本曹洞宗」の第一道場で出家参禅の道場です。境内は約10万坪、樹齢約700年といわれる老杉に囲まれた静寂なたたずまいの霊域に、七堂伽藍を中心に70余棟の殿堂楼閣が建ち並んでいます。

 

《瑞龍寺》 高岡城を築城した加賀藩二代藩主前田利長公の菩提寺として、三代藩主前田利常公が建立した古刹です。総門、山門、仏殿、法堂が一直線に並ぶ典型的な禅宗の伽藍配置が特徴です。平成9年12月に山門、仏殿、法堂が建造物としては法隆寺以来の国宝指定を受け、総門、禅堂、大庫裏、大茶堂、回廊3棟は国の重要文化財に指定されました。

 

【参拝企画】長福寺  神奈川県横浜市都筑区仲町台4-8-10

                  TEL045−942−7844  FAX045−941−7130

 

【旅行企画・実施】㈱ビーエス観光神奈川 神奈川県知事登録2-503 

                            国内旅行業務取扱管理者/真川 明

                           横浜市保土ヶ谷区西久保町14-1008 TEL 045−334−3400

                           振込先 横浜銀行 保土ヶ谷支店(普)1077326

 

取消料

旅行開始日前

 19日〜7日

旅行開始日前

 6日〜2日

旅行開始前日 

 当日及び

無連絡不参加

 旅行開始後

 旅費の20%

 旅費の30%

 旅費の40%

 旅費の50%

  全  額

 


 

春のお彼岸、お墓詣りの方で賑う境内は色とりどりの花々でいっぱいです。

 

満開の紅梅 ウメ バラ科サクラ属落葉高木

mankaikoubai.jpg

枝垂れ梅 

sidareume1.jpg

 

枝垂れ梅

sidareume2.jpg

クリスマスローズ

kurisumasurose1.jpg

kurisumasurase2.jpg

椿(ツバキ) ツバキ科ツバキ属の常緑樹

tsubaki1.jpg

 

tsubki2.jpg

 

tsubaki3.jpg

馬酔木(アセビ) ツツジ科常緑低木

uma1.jpg

uma2.jpg

河津桜(カワヅザクラ) オオシマザクラとカンヒザクラの自然交雑種

kawazuzakira1.jpg

kawazuzakura2.jpg


福寿観音縁日

3月18日は福寿観音縁日です。

http://www.choufukuji.or.jp/event/ 

10時より観音諷経(かんのんふぎん)を行います。

皆さまご自由にご参列し、お焼香をいたしましょう。

 


春彼岸 

春のお彼岸は3月17日から3月23日です。

また、お彼岸のお中日の20日は春分の日で

太陽が真東から昇り真西(極楽浄土の方角)に沈み

昼と夜の長さがほぼ等しくなります。

「彼岸」とはお悟りの世界のことであり、

(到彼岸とうひがん)の略した言い方です。

私たちの世界(此岸しがん)から

お悟りの世界(彼岸ひがん)に到るという意味です。

この世とあの世が接するお彼岸にお墓参りをし

ご先祖様に日頃の報恩、感謝の心を捧げましょう。


東日本大震災から一周忌を迎えた3月11日、

役員さん、お檀家さんにお集まりいただき追悼法要をいたしました。

 

地震発生時刻午後2時46分に追悼の鐘楼を撞く住職と黙とうをする役員さん、お檀家さん

311.jpg

 

続いて順番に鐘楼を撞くお集まりいただいた皆さま

311yakuin.jpg

 

午後3時より本堂で一周忌追悼法要が修行された。

311hondo.jpg

 


3月11日は、未曽有の大災害となった東日本大震災から1年目を迎えます。

長福寺では震災被災者の追悼並びに被災各地の早期復興を祈願するため

・地震発生時刻の午後2時46分に梵鐘を撞きます。

・午後3時より本堂に於いて 一周忌追悼法要を厳修いたします。

皆さま是非ともご来山戴き、お焼香をいたしましょう。

 


 長福寺では、4月より坐禅会を行います。

長福寺の坐禅会は、日々の様々な思いにとらわれずに

心の安らぎを得られる場にしたいと考えております。

禅寺の静寂な場で坐禅の作法、呼吸法を学び、実際に坐禅を行います。

坐禅の経験のある方、未経験の方もご一緒に坐禅を体験をいたしましょう。

下記のご案内を参考にされ、多くの方のご参禅をお待ちしております。

 

曹洞宗の坐禅は「只管打坐(しかんたざ)」【ただひたすらにざぜんする】 ということです。

何かの目的を達成する手段として坐禅をするのではなく

ただひたすらに坐禅することが目的であり大切であるとしています。

 

 。日程

    4月14日、28日

    5月からの予定については後日ホームぺージ上でお知らせいたします。

 

時間

    午後2時集合

    午後3時ごろ解散

 

場所

    長福寺ホール

 

参加方法

    自由参加・直接長福寺に集合

    但しグループ、団体(5名以上)で参加希望の場合は事前にお問い合わせください。

 

参禅料

    200円

 

服装

    足の組みやすい格好(ジャージなど)で基本的に素足で行います。

 

作法

    作法については以下のサイトをご参考にしてください。

    曹洞禅ネットhttp://www.sotozen-net.or.jp/propagation/zazentop/saho

 

 


アーカイブ