長福寺からのお知らせ

仏教と巳年と弁才(財)天

平成25年も明けて早1か月が過ぎました。

本年は巳年。「巳」という字は、蛇の形から生まれたものです。

日本では、蛇を怖がったり、気味悪がったりする人が多いようですが、

蛇は、古来より神聖化された生き物であり、仏教との関わりも深いといわれています。

仏教の経典スッタニーパでは、

「超越した修行者は、現世も来世も捨て、煩悩をすべて断ち切り、悟りの境地に至るものである。その姿は、まるで蛇が古い皮を脱皮するようなものである」とされています。

 

また、七福神の紅一点弁才天と蛇との結びつきも深いものががあります。

弁才天は、インドの神さまでしたが、のちに仏教に取り入れられ、財福、福徳、芸能、学問の

ご利益を司るとされています。

「金光明経」という経典で弁才天は信者の守護神とされています。

弁才天はもともと水の神で、その使いが蛇とされ、

そこから弁才天の縁日が「巳の日」となっていったとされています。

中世の頃、天台宗の比叡山で「弁才天」と「宇賀神」という神とを結びつける経典が作られ

両者が同じであるとされておりました。

その宇賀神のサンスクリット語『ウガヤ』が、

蛇を意味するサンスクリット語『ウラガ』に似ていることから

弁才天と蛇との関係が生まれたとする説もあります。

 

江戸時代になると、縁日の巳の日に弁才天にお参りすると財産を得られるとされ、

今度は[蓄財の神」とされ『弁才』から『弁財』にかわり、信仰を集めるようになりました。

 

長福寺にも「弁才(財)天」が祀られております。

http://www.choufukuji.or.jp/about/keidai.html#benten

普段は非公開ですが、お参りの際にお尋ねください。

 
 
 
 

 

 

 


アーカイブ