長福寺からのお知らせ

2013年12月アーカイブ

くちなしの実

くちなしの実がなりました。

当山では、この実で、おせち料理のきんとんの色づけをしています。

まだ、熟するのに少し早いと思いましたが、カラスがもうついばんでいたので慌てて収穫しました。

母手作りのきんとんが楽しみです。

1230-1.jpg


新年を迎えるばかり

玄関のふくろうもお正月の装い

1230-2.jpg

はぼたん

1230-4.jpg

ロウバイ

今年は、寒さの為ロウバイがまだ蕾のまま

1230-6.jpg


師走の境内

わびすけ

1227-1.jpg

サザンカ

1227-2.jpg

スイセン

1227-3.jpg


年末年始の行事のご案内

年末年始の行事をお知らせいたします。

皆様お揃いで御参詣されますようご案内申し上げます。

 

除夜の鐘

大晦日11時30分より1時までとなります。

鐘付きお一人一打100円となります。

 

元朝祈祷   

元旦早朝より三が日。

  ご祈祷札、開運根付もございます。

     

   年賀参詣

   元旦より7日ぐらいまでに本堂様にお参りし一年の無病息災を願いましょう。

 

本年の除夜の鐘の様子

2013.1.1kane.jpg

 

 


黄金のじゅうたん

ふくろうさんも秋から冬へおめしかえ

1209-1.jpg

 

水子地蔵様も黄金のじゅうたんを眺めているよう

1209-2.jpg

 

1209-3.jpg

横浜市の名木古木の指定をされているイチョウは、平成4年からの長福寺の本堂はじめ伽藍建設の際に工事の妨げになってはと一度、指定を外して頂きましたが、建設工事が終了した後、再度指定を受けました。


12月8日はお釈迦さまがお悟りをひらかれた日「釈尊成道会」です。

今からおよそ2600年前、お釈迦様は菩提樹の下で坐禅に入って8日目の朝、

明の明星(あけのみょうじょう)をご覧になって、お悟りをひらかれました。

長福寺では「成道会」をお祝いする法要が行われ、お釈迦さまに感謝の心を捧げます。

oshakasama.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

       

 

 

 

 

 

 

「出山釈迦像」ー長福寺本堂東序室中掛け軸

この掛け軸は、お釈迦さまが7年間の厳しい苦行の実践をつづけられ、その結果、苦行も悟りに達する道でないことに気づき苦行を打ち切り山を降りられたときのお姿を描いたものです。

その後、衰弱したお体をナイランジャナーの河で清め、村の娘スジャータの捧げる乳粥で体力を回復し、菩提樹の下に坐禅し、瞑想に入られました。

お釈迦様は、その時、お悟りをひらくまでは、ここを立たないと誓いをたてられました。

そして、坐禅に入って8日目の明け方、明けの明星(あけのみょうじょう)をごらんになって

お悟りをひらかれました。


アーカイブ