梅雨入り - 長福寺からのお知らせ
長福寺からのお知らせ

梅雨入り

今日6月8日、関東地方も梅雨入りしました。

乾燥がちだった境内は、梅雨入りとともにしっとりした趣きに変わりました。

暑くもなく庭の風情を楽しめるこの季節は、

慌ただしい夏本番の前の束の間の休息のような気がして大切にしています。

 

夏椿(シャラノキ)ツバキ科ナツツバキ属の落葉高木

日本では、夏椿を仏教の聖樹、沙羅双樹(サラソウジュ)としていることが多いようです。

これはナツツバキの別名「シャラノキ」をインド原産のフタバガキ科の「沙羅双樹サラノキ」としたなどの説があります。

6081.jpg

 

ナツツバキが白い花を落とした後も風情があります。

6082.jpg

 

群生するヤマホタルブクロ キキョウ科ホタルブクロ属の多年草

ホタルブクロの変種。ほとんど外見は変わらないが、萼片の間が盛り上がっています。

一方、ホタルブクロは萼片の間に反り返る付属片があります。

6083.jpg

 

しだれ梅の実がこんなに大きくなりました。

6084.jpg

 

ヤマブキ バラ科ヤマブキ属の落葉低木

6085.jpg

 

クチナシ アカネ科クチナシ属の常緑低木 

鐘つきの時に芳香に誘われて緑地帯に入り見つけました。

6086.jpg


アーカイブ