長福寺からのお知らせ

カテゴリ:その他 記事一覧

平成25年も明けて早1か月が過ぎました。

本年は巳年。「巳」という字は、蛇の形から生まれたものです。

日本では、蛇を怖がったり、気味悪がったりする人が多いようですが、

蛇は、古来より神聖化された生き物であり、仏教との関わりも深いといわれています。

仏教の経典スッタニーパでは、

「超越した修行者は、現世も来世も捨て、煩悩をすべて断ち切り、悟りの境地に至るものである。その姿は、まるで蛇が古い皮を脱皮するようなものである」とされています。

 

また、七福神の紅一点弁才天と蛇との結びつきも深いものががあります。

弁才天は、インドの神さまでしたが、のちに仏教に取り入れられ、財福、福徳、芸能、学問の

ご利益を司るとされています。

「金光明経」という経典で弁才天は信者の守護神とされています。

弁才天はもともと水の神で、その使いが蛇とされ、

そこから弁才天の縁日が「巳の日」となっていったとされています。

中世の頃、天台宗の比叡山で「弁才天」と「宇賀神」という神とを結びつける経典が作られ

両者が同じであるとされておりました。

その宇賀神のサンスクリット語『ウガヤ』が、

蛇を意味するサンスクリット語『ウラガ』に似ていることから

弁才天と蛇との関係が生まれたとする説もあります。

 

江戸時代になると、縁日の巳の日に弁才天にお参りすると財産を得られるとされ、

今度は[蓄財の神」とされ『弁才』から『弁財』にかわり、信仰を集めるようになりました。

 

長福寺にも「弁才(財)天」が祀られております。

http://www.choufukuji.or.jp/about/keidai.html#benten

普段は非公開ですが、お参りの際にお尋ねください。

 
 
 
 

 

 

 


団体坐禅会の様子

今年、長福寺坐禅会に団体でご参加された方々のご様子です。

 

10月14日 宿坊研究会の皆さま

住職から坐禅のお作法のせつめいを受ける皆さま

jishakon.jpg

 

11月13日 関東学院大学交換留学生の皆さま

坐禅について、事前に先生方から英語で学ばれていましたが、

改めてお作法につぃてご説明いたしました。

 

r1.jpg

お作法の説明を日本人の先生方が英訳して下さいました。

r2.jpg

坐るという文化がない留学生の皆さまも頑張って坐禅体験をしました。

r3.jpg

本堂の前で記念撮影をしました。

r4.jpg

 

 

 

 


好天に恵まれた10月4日、住職はじめ長福寺の役員さん、

お檀家さま、坐禅会の方々など総勢26名で団体参拝旅行に行って参りました。

行程は、朝7時半に長福寺に集合、バスに乗り込み、

最初に大本山總持寺に向かいました。

まずは、最初に御参拝、そして修行僧の案内による諸堂拝観をいたしました。

 

   大祖堂の前で記念写真

taisodou.jpg

百閒廊下の説明を受ける皆さん        佛殿

hyakenrouka.jpg

daiyuhoden.jpg

  

 

坐禅堂                       与謝野晶子歌碑

zazendo.jpg    kahi.jpg

 

大祖堂内部                    大祖堂でお参りする皆さん

taisodounaibu.jpg

omairi.jpg

 

紫雲臺相見の間の東郷平八郎直筆の書   向唐門

tougou.jpg

chokusimon.jpg

 

大黒天                       

hotei.jpg

soujijihana1.jpg

 

車窓からの東京タワー

tokyotawer.jpg

總持寺の参拝、諸堂拝観を済ませ

皆さま清々しい面持ちで一路、東京方面に向かいました。

昼食は神楽坂にて皆さんで鳥すきを囲み、

お話が弾み、打ち解けたところで、

再度バスにて皇居の特別拝観に向かいました。

 

 

 

 


午後になり、日差しがなお一層強くなり、まるで真夏のような陽気の中、

普段はなかなか拝見することができない皇居の中を

係の方の先導で約1時間、2キロに渡って皆さん頑張って歩きました。

 

富士見櫓                                           宮内庁庁舎

fujimiyagura.jpg      kunaichochosha.jpg

 

宮殿東庭(一般参賀が行われる)       二重橋(正門鉄橋)と伏見櫓

kyudenhigasiniwa.jpg

nijyubasi.jpg

 

山下通りの総勢260名の行軍          富士見多聞・蓮池濠

yasitadori.jpg

fujimitamon hasuikego.jpg

 


皇居特別拝観を終え、最後に靖国神社に参りました。

皆さんで戦争でお亡くなりになられた方々のご冥福をお祈りいたしました。 

 

    

靖国神社中門鳥居                   拝殿   

yasukunijinzya1.jpg

yasukunijinnjya.jpg

 


暑い1日、盛りだくさんの行程を終え、16時ごろ長福寺に戻りました。

皆さま、帰路の車中でも、お話に花が咲き、感想を述べられていらっしゃいました。

その一部を抜粋しました。

・總持寺の修行僧の生活を知ることができて感動した。

・總持寺の諸堂拝観をして初めて内部に入ることができてその広さに驚いた。

・大本山がより身近になった。

・修行僧の方の説明がとても丁寧でわかりやすかった。

・いつもはテレビで見ている皇居の中を実際に見ることができて、新たな発見があった。

・個人で訪ねることは少ない皇居をこの機会があったからこそ見学することができて大変有意義であった。

・靖国神社で参拝することができてよかった。

 

和気藹々とした雰囲気の中、無事に参拝旅行を終えることができました。

今回は、大本山總持寺に始まり、皇居、靖国神社と日本を代表する名所を回りました。

ご参加いただきました皆さまとのご縁に感謝いたします。

                                                                                                                                        


坐禅会団体参加について

最近、企業研修や高校の部活動の一環等など

団体で坐禅会へ参加したいとのお問い合わせをお受けすることが多くなっております。

その場合は通常の長福寺坐禅会とは別に日にちを設け、

参加される方々のご様子に沿った内容でお受けしたいと思います。

先ずは、お電話・お問い合わせフォームからご相談ください。

 

 


猛暑の大施食会

うだるような暑さの7月28日、近隣の御寺院さま、たくさんのお檀家さまにお集まり戴き、

無事に大施食会を終えることができました。

 ※大施食会とはhttp://www.choufukuji.or.jp/news/2011/07/27_1414.html)))) 

 

本年の大施食会は、法要の前に退董式(たいとうしき)を行いました。

退董式というのは、住職が後継者を決めて退任し、東堂(とうどう)になる式です。

 

当山の住職は、昭和33年住職に就任、その後50有余年、法灯を守りつづけました。

その間、昭和40年代半ばごろより、墓地の整備に尽力し、

昭和48年には旧客殿・庫裡を新築しました。 

その後、平成4年より開始された墓地の再開発に伴い、

檀信徒の総意を受け、現在の本堂はじめ諸堂伽藍の整備に全精力を傾け、

約4年の年月を経て平成9年に完成させました。

 

お檀家さまへの布教活動、墓地・伽藍整備の功績が認められ

御本寺さまから中興の称号が与えられております。

 

 

  本尊さまに退任のご挨拶をする住職

taitousiki.jpg

 

退董式を無事に終え、お施食会法要に参加する住職

CHICHI.jpg

 

施食会法要で導師を務める後継の住職

sinjyushoku.jpg

 

法要に参列し堂々巡りをする二人の法孫

DOUDOUMEGURI.jpg

 

お焼香をするたくさんのお檀家さま

OSHOUKOU.jpg

 


4月から始まりました坐禅会の様子です。

5月の日程は12日(土)、26日(土)の午後2時からです。

現在は、坐禅の経験がある方、初心者の方もご一緒に参加されています。

椅子坐禅をご希望の方もご参加できます。

坐蒲 (ざふ)「坐禅のときに使用する黒い坐布蒲」をご希望の方は購入することもできます。

また、坐蒲は寺の坐蒲団でも代用できます。

初心者の方は、開始15分位までにご来山いただければお作法もご説明いたします。

皆様のご参禅をお待ちしております。

 

zazen1.jpgzazen2.jpg


仏教と龍

今年は辰(龍)年です。

十二支では、龍(たつ)は想像上の動物ですが、ことばとしての「たつ」は大和ことばの中にも

ありました。

中国から「龍」の概念が入ってきたとき、その天に昇るイメージから「たつ」のことばがふさわし

いとされて「龍」を「たつ」と呼ぶようになったということです。

 

「龍」と仏教との関わりはどうでしょうか。

仏教での「龍」は、仏法での守護者であり「八大龍王」とよばれ、「雨」を降らせる力を司ると

されています。

龍を配した仏像も多くみられますが、寺院や神社の装飾にも龍を見ることができます。

 

長福寺本堂正面向拝【こうはい、こうばい,ごはい 本殿や拝殿で屋根の一部が前方に突き出し,拝礼の場所となっているところ】や

長福寺の本堂の欄間【らんま】には彫刻師、澤義博氏による向拝蟇股大彫、雲水・瑞龍(こうはいかえるまたおおぼり うんすい・ずいりゅう)が彫られております。

 

ご来山の際にはぜひご覧になってください。

 

                   向拝蟇股大彫一本 雲水・瑞龍  

gohai-ryu.jpg

 

                     本堂欄間 雲水・瑞龍 

ryu.jpg


 ご来山・お参りの際にはぜひご覧になってください。 ご礼讃お菜にはご来山・お参りの際にはぜひご覧になってください。  


大本山永平寺参拝

8月25日、福井県の大本山永平寺に参拝にまいりました。

当日の天気は荒れ模様で、永平寺も大雨でしたが

荘厳な雰囲気の中迎えいれていただきました。

永平寺門柱.jpg門柱

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

                                                                           

山門四天王 

sanmon1.jpg

  

山門2.jpg                                     

大雨の山門

eiheiji.jpg

永平寺山門.jpg

 

大梵鐘(だいぼんしょう・重さ約5トン)

永平寺鐘楼堂.jpg

 

浴室

永平寺浴室.jpg

 

大庫院(だいくいん・台所))

永平寺大庫院.jpg

 

廻廊(かいろう)

階段.jpg

 

仏殿(ぶつでん・七堂伽藍の中心にありご本尊様の釈迦牟尼仏が祀られている)

永平寺仏殿2.jpg

仏殿永平寺仏殿.jpg

 

仏殿内部

永平寺仏殿内部.jpg

 

法堂内部(はっとうないぶ・説法や法要が行われる)

永平寺法堂内部.jpg

 

承陽殿内部(じょうようでんないぶ・永平寺のご開山、道元禅師のおはかであり、曹洞宗の聖地  

永平寺承陽殿内部.jpg

 

僧堂内部(そうどうないぶ・修行僧が座禅・食事・就寝する場所)

僧堂内部.jpg

 

傘松閣(さんしょうかく・研修・宿泊施設)

永平寺傘松閣(さんしょうかく).jpg


アーカイブ