長福寺からのお知らせ

カテゴリ:長福寺からのお知らせ 記事一覧

秋のお彼岸は9月20日から26日です。

長福寺では彼岸会法要が営まれます。

お彼岸は春と秋の年2回で秋のお彼岸は秋分の日のお中日9月23日をはさんで7日間です。 

お中日は太陽が真東から昇り真西(極楽浄土の方角)に沈み昼と夜の長さがほぼ等しくなります。   

「彼岸」とはお悟りの世界のことで、到彼岸(とうひがん)の略した言い方です。

私たちの世界(此岸しがん)から

お悟りの世界(彼岸ひがん)に到るという意味です。

この世とあの世が接するお彼岸に、先人たちは、仏道の修行、

すなわち、ご先祖様のお墓参りをして悟りの世界に到ろうとしたのです。

私達もお彼岸にご先祖さまのお墓参りをし、日頃の報恩、感謝の心を捧げましょう。


盂蘭盆会8月13日から16日

長福寺のお盆は旧盆の8月13日から16日です。

御本堂では、お盆のご供養が営まれ、また、お檀家さまのお宅にお伺いしてご供養するお棚経(おたなぎょう)も行われます。

各ご家庭では、お盆中にご仏壇や精霊棚にご先祖様をお迎えし(迎え火)、

ご馳走を用意し、ご家族やご親戚と一緒にみんなで過ごし、

お盆明けにあの世に送り出しましょう。(送り火)

特に、肉親が亡くなって四十九日の忌明け後、

はじめてのお盆【新盆(にいぼん)】を迎えられたご家庭では

故人が成仏してはじめてみなさまのもとにお帰りになられるので

より丁寧にご供養してさし上げたいものです。


令和3年度大施食会法要

昨日7月28日、当山の大施食会法要が厳修いたしました。

昨年同様にコロナウィルス感染症対策の為、本堂内には世話人の皆さんと寺族の参列といたしました。

令和3年度大施食会法要

上記リンクよりYouTubeで法要の様子をご覧いただけます。


7月28日大施食会法要

7月28日は当山の大施食会法要(だいせじきえほうよう)です。

大施食会は、ご先祖様をはじめ、万物諸々の精霊に日頃の報恩、感謝の心を捧げる大切なご供養です。

本年は、昨年と同様に新型コロナウィルス感染症予防の為、本堂への御参列はお控えいただき、法要は寺院と世話人のみで厳修致します。

皆様のご理解の程、宜しくお願い致します。


4月8日は花まつり、お釈迦様のお誕生日です。

花まつりは花御堂の誕生仏に甘茶をかけお祝いをいたします。

本年の花御堂の写真です。

IMG_0924.jpg


春の彼岸会は3月17日から23日です。

また、お彼岸のお中日の20日は春分の日で、太陽が真東から昇り真西(極楽浄土の方角)に沈み昼と夜の長さがほぼ等しくなります。

「彼岸」とはお悟りの世界のことであり、(到彼岸とうひがん)の略した言い方です。

私たちの世界(此岸しがん)からお悟りの世界(彼岸ひがん)に到るという意味です。

この世とあの世が接するお彼岸にお墓参りをしご先祖様に日頃の報恩、感謝の心を捧げましょう。


2月15日涅槃会

2月15日はお釈迦さまが亡くなられた日、涅槃会(ねはんえ)です。

長福寺では、本年も涅槃図をかけ報恩の涅槃会法要を厳修いたします。

涅槃図は、 長福寺本堂室中にかけられてございます。

IMG_0498.JPGのサムネイル画像

お釈迦様は2本の沙羅双樹の間に横たわり、頭を北向き、顔を西向きに、右手を枕にしています。

入滅の際には沙羅双樹の白い花びらが散りました。

横たわるお釈迦さまの周りには、菩薩、仏弟子、人々や動物が集まり嘆き悲しんでいる様子が描かれています


2月10日御開山涅槃会

2月10日は長福寺を開かれた自山純応大和尚の御命日です。

御開山自山純応大和尚については、長福寺の歴史をご覧ください。


2月3日節分会

2月3日は節分会です。

長福寺では「節分会祈祷」を行ない豆まきを山内でおこないます。

 

年末年始の行事のご案内

年末年始の行事をお知らせいたします。

今年度は、感染症対策の為、下記のように御案内申し上げます。

御理解の程、よろしくお願い申し上げます。

 

・除夜の鐘 

 本年度は感染症対策の為、中止致します。

 

・三朝祈祷会

 元旦早朝より三が日(山内で住職がおつとめ致します。)

 

・檀家年賀参拝

 元旦より7日ぐらい迄に、必ずマスク着用にて、御本尊様にお参り致しましょう。

 

・御祈祷札、開運根付の販売は今年度は致しません。

 

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11

アーカイブ