長福寺からのお知らせ

カテゴリ:長福寺からのお知らせ 記事一覧

2月10日は御開山涅槃会

2月10日は長福寺を開かれた自山純応大和尚の御命日です。

御開山自山純応大和尚については、長福寺の歴史をご覧ください。

長福寺の歴史


2月3日は節分会

2月3日は節分です。

長福寺では「節分会祈祷」が行われ豆まきをします。

「豆まき」のことを「追儺ついな」とよび、これは中国から伝わりました。

 

二十四節季で1月20日から2月3日までの15日間は「大寒」となります。

そして、明日2月3日の「節分=季節の変わり目」で邪気を払うために豆まきをおこない、4日に「立春」を迎えるのです。

節分とは本来2月3日のことだけではなく季節の分かれ目のことをさし、

立春、立夏、立秋、立冬と各季節の前の日のことをいいます。

今では、節分といえば立春の前の日のことをさしますが、

これは、立春が1年の初めの特に大切な日と考えられたことによるようです。


坐禅会2月の日程

日時

   2月14日(土)

      28日(土)

     午後2時より約1時間 

     初めてのご参加の場合は坐禅開始15分前にお越しください。
 

場所

    長福寺ホール(長福寺境内)

 

参加方法

    自由参加・直接長福寺に集合

    但しグループ、団体(5名以上)で参加希望の場合は事前にお問い合わせください。

 

参禅料

    200円

 

服装・持ち物

    足の組みやすい格好でお越しください。(スカート等はお控えください)

    基本的に素足で行います。 


坐禅会1月の日程

日時

   1月24日(土)

     午後2時より約1時間 

     初めてのご参加の場合は坐禅開始15分前にお越しください。
 

場所

    長福寺ホール(長福寺境内)

 

参加方法

    自由参加・直接長福寺に集合

    但しグループ、団体(5名以上)で参加希望の場合は事前にお問い合わせください。

 

参禅料

    200円

 

服装・持ち物

    足の組みやすい格好でお越しください。(スカート等はお控えください)

    基本的に素足で行います。 


謹賀新年

新年を迎え、恭しく新春のお喜びを申し上げますとともに

皆様のご多幸とご繁栄をご祈念申し上げます。

平成27年 元旦

1512.jpg


年末年始の行事のご案内

年末年始の行事をお知らせいたします。

皆様お揃いで御参詣されますようご案内申し上げます。

 

除夜の鐘

大晦日11時30分より1時までとなります。

鐘付きお一人一打100円となります。

 

三朝祈祷   

元旦早朝より三が日。

  ご祈祷札、開運根付もございます。

     

   年賀参詣

   元旦より7日ぐらいまでに本堂様にお参りし一年の無病息災を願いましょう。


12月8日はお釈迦さまがお悟りをひらかれた日「釈尊成道会しゃくそんじょうどうえ」です。

今からおよそ2600年前、お釈迦様は菩提樹の下で坐禅に入って8日目の朝、

明の明星(あけのみょうじょう)をご覧になって、お悟りをひらかれました。

長福寺では「成道会」をお祝いする法要が行われ、お釈迦さまに感謝の心を捧げます。


坐禅会12月の予定

日時

   12月13日(土)

     午後2時より約1時間 

     初めてのご参加の場合は坐禅開始15分前にお越しください。
 

場所

    長福寺ホール(長福寺境内)

 

参加方法

    自由参加・直接長福寺に集合

    但しグループ、団体(5名以上)で参加希望の場合は事前にお問い合わせください。

 

参禅料

    200円

 

服装・持ち物

    足の組みやすい格好でお越しください。(スカート等はお控えください)

    基本的に素足で行います。


坐禅会11月の日程

日時

   11月 8日(土)

       22日(土)

     午後2時より約1時間 

     初めてのご参加の場合は坐禅開始15分前にお越しください。
 

場所

    長福寺ホール(長福寺境内)

 

参加方法

    自由参加・直接長福寺に集合

    但しグループ、団体(5名以上)で参加希望の場合は事前にお問い合わせください。

 

参禅料

    200円

 

服装・持ち物

    足の組みやすい格好でお越しください。(スカート等はお控えください)

    基本的に素足で行います。


10月5日は達磨大師(だるまだいし)の御命日、達磨忌です。

達磨大師は、インドの僧侶で禅宗を中国に伝えた方です。

お釈迦さまから数えて28代目にその教えを継ぎました。

達磨大師が伝えた禅宗は、13世紀ごろ日本にも伝わり、

曹洞宗や臨済宗に発展していきました。

壁に向かって9年間坐禅しお悟りを開いた「面壁9年めんぴきくねん」の言い伝えが有名です。


前の10件 5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15

アーカイブ