長福寺からのお知らせ

白木蓮(ハクモクレン)が咲いています。

真っ白の白木蓮が青空によく映ります。その姿には気高ささえ感じます。

 

「枝の先の、白く尖った蕾が、ツンツンと天を向き、やがてふっくらと花びらがほころぶと、木全体に無数の白い鳩がとまったようにたわわに見える。そして、まだ冷たい早春の風に、ふくよかな甘い香りが漂った。」

 

この一節は、長福寺のお檀家さまで作家の森下典子さんが上梓された『一緒にいるだけで』の序章の中に収められています。白木蓮をとてもよく表現されていると思います。

 

ハクモクレン モクレン目モクレン科モクレン属の落葉高木

9枚に見える花弁のうち3枚は白いガク

蓮に似るので「木蓮」、 以前は「木蘭花」とよばれた。

mokuren1.jpg

mokuren2.jpg

mokruren3.jpg

 

 


アーカイブ