長福寺からのお知らせ

猛暑の大施食会

うだるような暑さの7月28日、近隣の御寺院さま、たくさんのお檀家さまにお集まり戴き、

無事に大施食会を終えることができました。

 ※大施食会とはhttp://www.choufukuji.or.jp/news/2011/07/27_1414.html)))) 

 

本年の大施食会は、法要の前に退董式(たいとうしき)を行いました。

退董式というのは、住職が後継者を決めて退任し、東堂(とうどう)になる式です。

 

当山の住職は、昭和33年住職に就任、その後50有余年、法灯を守りつづけました。

その間、昭和40年代半ばごろより、墓地の整備に尽力し、

昭和48年には旧客殿・庫裡を新築しました。 

その後、平成4年より開始された墓地の再開発に伴い、

檀信徒の総意を受け、現在の本堂はじめ諸堂伽藍の整備に全精力を傾け、

約4年の年月を経て平成9年に完成させました。

 

お檀家さまへの布教活動、墓地・伽藍整備の功績が認められ

御本寺さまから中興の称号が与えられております。

 

 

  本尊さまに退任のご挨拶をする住職

taitousiki.jpg

 

退董式を無事に終え、お施食会法要に参加する住職

CHICHI.jpg

 

施食会法要で導師を務める後継の住職

sinjyushoku.jpg

 

法要に参列し堂々巡りをする二人の法孫

DOUDOUMEGURI.jpg

 

お焼香をするたくさんのお檀家さま

OSHOUKOU.jpg

 


アーカイブ