長福寺からのお知らせ

カテゴリ:その他 記事一覧

長福寺三十世晋山結制

平成28年11月2日・3日、両日に渡り挙行されました当山三十世慧海浩之(えかいこうし)和尚の晋山式礼が無事円成致しました。

両日に渡り、大本山總持寺副貫主大雄山最乗寺山主石附周行真如臺老師を筆頭に諸寺院の方丈様方約70名ほど御臨席賜り盛大かつ厳粛な儀式となりました。

この儀式に御荷担いただきました方丈様方、携わった来賓の皆様方、世話人の皆様、

檀家の皆様方、関係業者の皆様方、心より御礼申し上げます。                 

                                              合掌

1103.jpg

 

 

11月2日、3日に厳修されました長福寺三十世晋山結制の様子をまとめました。

一日目は、首座入寺式・土地堂念誦・本則配役行茶が行われました。

1124.jpg

 

_DSC6217.jpg

 

       1131.jpg   

       11021.jpg 11022.jpg

 

五三拝 ごけいさんぱい

 法要を行うにあたり重要なお役の方丈様をお迎えする儀式です。

西堂老師 大本山總持寺副貫首・大雄山最乗寺山主 石附周行真如臺老師御到着

11023.jpg

 

御本寺寶泉寺住職 松阪秀宣老師御到着

11034.jpg

 

首座入寺式しゅそにゅうじしき

 首座とは結制安居中の修行僧の第一座です。

 当山の首座を務めましたのは、長福寺徒弟祥悟上座です。

 入寺式は、修行道場に首座として就任する儀式で本堂を僧堂(坐禅堂)にみたてて行います。

11035.jpg 11026.jpg

 

土地堂念誦どじどうねんじゅ

 仏道修行の守護神、大権修理菩薩に修行の無事を祈念いたしました。

11211.jpg 11210.jpg

 

本則配役行茶 ほんそくはいやくぎょうちゃ

 翌日行われる首座法戦式(しゅそほっせんしき)の問答の課題を提示解説する儀式です。

 当山では、達磨廓然の話を西堂老師より提唱されました。

 その後、お手伝い頂く各方丈様方に法要の配役をお願いされ、そして、最後に寺族、親族、世話人さんを含め全員で決まった作法でお茶を頂きました。

11027.jpg 11028.jpg 11029.jpg

 

晋山式しんさんしき

二日目は、安下処あんげしょである長福寺総代齋藤久次郎氏のお宅から行列が出発いたしました。

二日目は晋山式・晋山開堂・首座法戦式・開山歴住報恩諷経・檀信徒総回向が行われました。

 

安下所前でお迎えの老師と

1125.jpg

 

齋藤久次郎氏宅御先祖供養

1132.jpg 1133.jpg

御用意くださいました朝食を皆さんで美味しく頂きました。

1134.jpg

 

安下処出発

 行列の出発前世話人さんと

1123.jpg

行列は古式の通り、法螺貝ほらがいを先導に、五色の彩幡、赤い長柄の大傘等に飾られて進んで参りました。

1136.jpg 1137.jpg

0049.JPG 0050.JPG

 

山門法語さんもんほうご

新命方丈(新しく命ぜられた住職)は、山門に入るにのぞんで自身の覚悟の程を法語として唱えました。

0051.JPG 0052.JPG

 

大擂上殿だいらいじょうでん

本堂の太鼓がとどろく中、新命方丈は、出迎えの方々を先頭に本堂に進みます。

0054.JPG 0055.JPG 

 

0080.JPG

 

長福寺住職辞令宣読          緋衣伝達式

0058.JPG 0062.JPG

 

晋山開堂しんさんかいどう

 新命方丈は須弥壇に登り、まず祈願と報恩の口語を唱え香を焚きました。

 開堂の最初に大勢の方丈様方との大問答を展開いたしました。

0065.JPG

 

問答をする首座和尚              問答をする弁事和尚

0069.JPG 0071.JPG

 

祝辞

大本山永平寺御専使様            大本山總持寺御専使様

0074.JPG 0077.JPG

神奈川県第二宗務所所長様

0079.JPG

 

首座法戦式しゅそほっせんしき

法戦式は首座(修行僧第一座)が、住職に代わって「法」すなわち禅の修行や悟についての問答を交わす儀式です。

昔、お釈迦様が霊鷲山において弟子の中の長老である迦葉尊者に御自分の席を半分譲って説法されたという故事によるものです。

現在では、一人前の宗門の僧侶となるには一度は必ず通らなければならない関門であり、当山首座も一生一度の緊張と決意で務めました。

首座を務めましたのは当山長福寺徒弟祥悟上座です。

0095.JPG

 

01001.jpg

 

0093.JPG

 

0083.JPG 0084.JPG

0085.JPG 0090.JPG

0092.JPG 0094.JPG

 

弁事を務めましたのは同じく長福寺徒弟慶悟上座です。

0089.JPG

 

0086.JPG

 

開山歴住報恩諷経

長福寺は、今から441年前に自山純應大和尚によって開かれました。それ以来、永年に亘り長福寺に仏法を伝え守ってこられました歴代二十八人の住職様方に、報恩感謝の法要を営みました。導師様は御本寺住職様です。

0106.JPG

 

0108.JPG

 

檀信徒総回向

新命方丈により歴代住職をささえて長福寺を守ってこられた檀信徒各家の御先祖様の御霊を御供養いたしました。

0116.JPG

 

法要の後、御挨拶をする新命方丈。

0124.JPG


昨今は、特に都市部では、核家族化が進んでいて、親世代がお亡くなりになられて、

初めて葬儀を体験する方が増えています。

情報番組などでは、葬儀にこれだけの費用がかかったなどの話題を取り上げて

知らないが故に不安を煽る傾向がみられるように思います。

実際に葬儀の経験をしたコメンテーターが話すことは、その方の場合であって、

全てにそれが当てはまることではありませんので注意が必要です。

葬儀にかかる費用は、お寺に納めるお布施や葬儀屋さんにお支払する費用など、

普段はあまりよくわからないものです。

さらに、身内が亡くなって慌てている時なので、よくわからないうちに、あれよあれよと事態が進んでいくように思います。

もしもの時に慌てないように、菩提寺や信頼がおける葬儀屋さんに、

それぞれにかかる費用などを相談して準備をしておくことが大切です。

お寺や葬儀屋さんは、皆さんに平等にお話をいたしますので、そのお宅だけ特別なことは言いません。

葬儀に関することや、信頼がおける葬儀屋さんの紹介など、どんなことでも、まずはご相談ください。


長福寺の永代供養墓「比翼塚」は、福所観音様の胎内に設置されています。

「観音様の中にある永代供養墓とは、どのようなお墓ですか」というご質問をお受けします。

永代供養墓というのは、お墓を継いでくれる身内の方がいない場合、

お寺がご身内の方に代わって永代にわたり御供養するお墓のことです。

 

永代供養墓「比翼塚(ひよくづか)」のご案内

 

最近は、少子化が進み、代々のお墓の継承が難しいので、お寺のお檀家様になりお墓を持つことができないご家庭もあります。

また、すでにお檀家様で、お墓をお持ちの方でも、子供さんがみんな女の子でお嫁に行ってしまったりなどとそれぞれの理由でこれからのお墓の継承について悩んでいらっしゃるご家庭のご相談もたくさん寄せられています。


そのようなお悩みにお応えしようと長福寺では、永代供養墓「比翼塚」を設置しているのです。 

  • 墓地をお守りする子どもや跡継ぎがおられない方、独身の方
  • 先祖代々のお墓でなく、個人、夫婦などの単位でお墓をお求めになりたい方
  • 遠方に住んでいる跡継ぎの方にお墓のお世話を頼めない方
  • 既にお遺骨をお持ちの方で早急に墓地をお探しの方
  • お仕事上、転勤や海外赴任が多く墓地を定めにくい方
  • 墓地建立の経済的負担を軽くしたいとお考えの方
  • 死後、無縁仏になるのが心配な方

福寿観音様の胎内にある永代供養墓「比翼塚」は、緑に囲まれた境内地の見晴らしの良い高台にあり、晴れた日には、神奈川県横浜市のみなとみらい地区まで見渡せます。


また、市営地下鉄ブルーライン仲町台駅から徒歩10分以内、

第3京浜都筑、港北両インターから5分以内と交通アクセスの良さも、お墓参りの方々には大変喜ばれています。

環境・交通のみならず、長福寺内に葬儀・法要・ご会食等、仏事全般を行うことができる施設(長福寺ホールなど)も充実しております。

 

また、永代供養墓の中には、墓石会社が宗教法人の名義を借りて経営している所がありますが、永代供養墓「比翼塚」は、宗教法人 長福寺が、石材業者などを介さずに、

責任を持って直接、管理運営・ご供養を行っておりますのでご安心してご利用いただけます。

 

お墓のお悩みは、ここに記した以外にも、それぞれにあると存じます。

少しでも気になることがあれば、長福寺にお気軽にお問合せ下さい。

ご相談に乗ります。

また、永代供養墓「比翼塚」を福寿観音様のお参りがてら是非ともご見学下さい。

事前にお問い合わせいただければご案内いたします。

 

永代供養墓「比翼塚ひよくづか」について、皆様から御質問が多数寄せられておりますので

御質問が多いものについてお答えします。

「永代供養墓 比翼塚」についてのパンフレットもございますので、お問い合わせください。

 

質問1 檀家にならなくてはいけないのでしょうか?

答え  永代供養墓の申し込んでも、檀家になる必要はありません。

     毎年の護持会費も納める必要はありません。

 

質問2 法要・法事を申し込むこともできますか?

答え  もちろん法要もお受けしております。

     お檀家様と同様に御本堂での法要をされる方もいらっしゃいます。ご相談ください。

 

質問3 合同供養祭はありますか?

答え  長福寺では、お施食会(おせじきえ7月28日)に合同でご供養をいたします。

     ご希望の方には、ご案内もさしあげております。

 

質問4 既に亡くなっている身内も納められますか?

答え  もちろんお納めできます。亡くなっている方の遺骨の申し込みも受け付けております。

     また、ご自身が将来入る場所としてお申込みされている方も多くいらっしゃいます。 

 

質問5 宗派が違っても申し込むことはできますか?

答え  これまでの宗派が何であってもお申込みできます。

 

質問6 お骨は、最初から合葬されるのですか?

答え  いいえ。33回忌までは、それぞれのロッカー形式の納骨堂に納められ、

     33回忌を過ぎてから、境内地の三界万霊塔に合葬されます。

 

 

2013年9月6日付の朝日新聞社会面に「死と向き合う日常」という記事が出ていました。

数年前から続く「終活」ブームについて述べられ、あらゆる世代の死生観にスポットを当て

その変化について取材されている興味深い内容でした。

 

自らの死に真剣に向かい合い準備を進めるのは、とても大切なことです。

また、家族や自分を取り巻く人の旅立ちのお手伝いをすることも、人としての責任だと思います。

ご提案ですが、ぜひ、ご自身の「終活」について菩提寺や菩提寺がない方は、

お近くのお寺さんにご相談されてみてはいかがでしょう。

ご自身のお考えがしっかり伝えられるうちにご家族とも「話合い」をされておくことも忘れずに。

 

横浜市仏教連合会からも、以下の通知が出ております。

ご参考にしてください。

『生前に御葬儀のことをお寺と相談することはタブーではありません

「もしも」が起こってしまったら、まずお寺へ

そうなる前に生前からお寺と相談しておきましょう

(特に医師から告示を受けたときなど)

葬式の日時決定の際は、お寺の都合も配慮しましょう

(八割以上のご法事・埋葬は土曜・日曜日を利用しておられます。)

決まったお寺のない方は、近くのお寺で相談できます

段取り・費用・葬儀社選び等お寺で相談できます

生前に葬儀社選びをしておきましょう

(特に費用やサービスで)

葬儀社紹介の僧侶の中には遠隔地であったり、寺がなっかたりする場合もあります

(以後の法要を受けてもらえないこともあります。)

病院で紹介された葬儀社を断ってもさしつかえありません

お願い‥‥‥ご葬儀終了後、葬儀社に関する情報提供にもご協力ください。』

 


3月18日は福寿観音様の縁日です。

この観音様は、平成5年に長福寺第2次墓地開発を記念して、一大聖地を見渡せるよう墓苑の一番高い場所に建立されました。

この観音様は、蓮華座の部分から5メートルを超える高さがあり、しかも一つの石からなる珍しい石像です。(一石彫り いっせきぼり)

観音様を建立する計画が持ち上がった当時、これだけの大きさの石像をつくることは、国内では難しいということから、海を渡り韓国の石の山から観音様をつくることになり、約2年の歳月を経て完成いたしました。

観音様を設置する日、横浜港に到着していた観音様は、運輸会社の仏像専門チームの方々に守られながらゆっくり、ゆっくり長福寺に到着いたしました。

運輸会社の皆様は、観音様が無事設置されるとそれぞれに固い握手をされていました。彼らのその姿は、ここまで辿り着いた旅の大変さを物語っているようで、今でも印象深く心に残っております。また、観音様がここまでいらっしゃるまでにご尽力いただいた多くの方々のことを思うとをこみ上げるものがあったことを昨日の出来事のように思い出します。

その後、福寿観音様は、たくさんの檀信徒様の見守る中、開眼供養が営まれました。

今では、福寿観音様は、長福寺の象徴となっており、観音様に見守られるお寺としても長福寺は有名になりました。

長福寺にご来山(ごらいさん)される際には、一大墓苑の中心に立つ観音様をぜひお詣り下さい。

 

福寿観音縁日

福寿観音 縁日


永代供養墓「比翼塚」

長福寺の永代供養墓「比翼塚」は、福所観音様の胎内に設置されています。

「観音様の中にある永代供養墓とは、どのようなお墓ですか」というご質問をお受けします。

永代供養墓というのは、お墓を継いでくれる身内の方がいない場合、

お寺がご身内の方に代わって永代にわたり御供養するお墓のことです。

 

永代供養墓「比翼塚(ひよくづか)」のご案内

 

最近は、少子化が進み、代々のお墓の継承が難しいので、お寺のお檀家様になりお墓を持つことができないご家庭もあります。

また、すでにお檀家様で、お墓をお持ちの方でも、子供さんがみんな女の子でお嫁に行ってしまったりなどとそれぞれの理由でこれからのお墓の継承について悩んでいらっしゃるご家庭のご相談もたくさん寄せられています。


そのようなお悩みにお応えしようと長福寺では、永代供養墓「比翼塚」を設置しているのです。 

  • 墓地をお守りする子どもや跡継ぎがおられない方、独身の方
  • 先祖代々のお墓でなく、個人、夫婦などの単位でお墓をお求めになりたい方
  • 遠方に住んでいる跡継ぎの方にお墓のお世話を頼めない方
  • 既にお遺骨をお持ちの方で早急に墓地をお探しの方
  • お仕事上、転勤や海外赴任が多く墓地を定めにくい方
  • 墓地建立の経済的負担を軽くしたいとお考えの方
  • 死後、無縁仏になるのが心配な方

福寿観音様の胎内にある永代供養墓「比翼塚」は、緑に囲まれた境内地の見晴らしの良い高台にあり、晴れた日には、神奈川県横浜市のみなとみらい地区まで見渡せます。


また、市営地下鉄ブルーライン仲町台駅から徒歩10分以内、

第3京浜都筑、港北両インターから5分以内と交通アクセスの良さも、お墓参りの方々には大変喜ばれています。

環境・交通のみならず、長福寺内に葬儀・法要・ご会食等、仏事全般を行うことができる施設(長福寺ホールなど)も充実しております。

 

また、永代供養墓の中には、墓石会社が宗教法人の名義を借りて経営している所がありますが、永代供養墓「比翼塚」は、宗教法人 長福寺が、石材業者などを介さずに、

責任を持って直接、管理運営・ご供養を行っておりますのでご安心してご利用いただけます。

 

お墓のお悩みは、ここに記した以外にも、それぞれにあると存じます。

少しでも気になることがあれば、長福寺にお気軽にお問合せ下さい。

ご相談に乗ります。

また、永代供養墓「比翼塚」を福寿観音様のお参りがてら是非ともご見学下さい。

事前にお問い合わせいただければご案内いたします。


今年は、午(馬)年。

馬は、賢く働きもので、十二支の中でも人に好かれる動物です。

仏教とのいわれも多いようです。

お釈迦様と馬にも有名なお話があります。

出家される前のお釈迦様は釈迦族の王子として何不自由ない生活をしていましたが、

「生老病死」に悩み無常を感じ、その悩みから抜け出すために、身分を捨てることを決意します。

そして、城の4つの門を開き白馬の「カンダカ」に乗って外の世界に出られることになりました。

このことを「四門出遊しもんしゅつゆう」といいます。

 

聖徳太子は、仏教を厚く信仰し、日本に広めるために努力をされた政治家ですが

馬との関わりが深いようです。

太子は、馬上から、広く遠くまで、国内の人々の生活を見つめ

国際的には、遣隋使の派遣や、僧侶の招へいなどに尽力されました。

また、伊豆・甲斐に「牧」を持ち、馬を育てていました。

甲府盆地には、太子の足跡が残っています。


2013年9月6日付の朝日新聞社会面に「死と向き合う日常」という記事が出ていました。

数年前から続く「終活」ブームについて述べられ、あらゆる世代の死生観にスポットを当て

その変化について取材されている興味深い内容でした。

 

自らの死に真剣に向かい合い準備を進めるのは、とても大切なことです。

また、家族や自分を取り巻く人の旅立ちのお手伝いをすることも、人としての責任だと思います。

ご提案ですが、ぜひ、ご自身の「終活」について菩提寺や菩提寺がない方は、

お近くのお寺さんにご相談されてみてはいかがでしょう。

ご自身のお考えがしっかり伝えられるうちにご家族とも「話合い」をされておくことも忘れずに。

 

横浜市仏教連合会からも、以下の通知が出ております。

ご参考にしてください。

『生前に御葬儀のことをお寺と相談することはタブーではありません

「もしも」が起こってしまったら、まずお寺へ

そうなる前に生前からお寺と相談しておきましょう

(特に医師から告示を受けたときなど)

葬式の日時決定の際は、お寺の都合も配慮しましょう

(八割以上のご法事・埋葬は土曜・日曜日を利用しておられます。)

決まったお寺のない方は、近くのお寺で相談できます

段取り・費用・葬儀社選び等お寺で相談できます

生前に葬儀社選びをしておきましょう

(特に費用やサービスで)

葬儀社紹介の僧侶の中には遠隔地であったり、寺がなっかたりする場合もあります

(以後の法要を受けてもらえないこともあります。)

病院で紹介された葬儀社を断ってもさしつかえありません

お願い‥‥‥ご葬儀終了後、葬儀社に関する情報提供にもご協力ください。』

 


長福寺ホールでお葬儀

長福寺ホールでお葬儀をされるお檀家様が多くなっております。

その中で「家族葬はできますか?」とのご質問をよくお受けいたします。

答えは、「もちろん、できます。」となります。

昨今は、御家族や御親戚のみの少人数で、亡くなられた家族を送り出したいというご希望が多いようです。

少人数のお葬儀の場合は、葬儀社さんが場所を程よく区切る設えをして対応いたしますのでどうぞご安心ください。

長福寺ホールは、施設・設備が整った葬儀・葬祭場として人数の多少を問わず広くご利用いただいております。

また、長福寺ホールで葬儀をされた場合は、葬儀当日に納骨・埋葬をすることもできます。

仏事全般を行うことができる施設として長福寺ホールをどうぞご利用ください。

お問合せもお待ちしております。

http://www.choufukuji.or.jp/about/hall-sougi.html


アーカイブ