長福寺からのお知らせ

カテゴリ:長福寺からのお知らせ 記事一覧

謹賀新年

新年を迎え、恭しく新春のお喜びを申し上げますとともに

皆様のご多幸とご繁栄をご祈念申し上げます。

平成28年 元旦


年末年始の行事をお知らせいたします。

皆様お揃いで御参詣されますようご案内申し上げます。

 

除夜の鐘

大晦日11時30分より1時までとなります。

鐘付きお一人一打100円となります。

 

三朝祈祷   

元旦早朝より三が日。

  ご祈祷札、開運根付もございます。

     

   年賀参詣

   元旦より7日ぐらいまでに本堂様にお参りし一年の無病息災を願いましょう。


12月8日はお釈迦さまがお悟りをひらかれた日で「釈尊成道会しゃくそんじょうどうえ」といいます。

長福寺では「成道会」の法要が行われ、お釈迦さまに感謝の心を捧げます。

今からおよそ2600年前、お釈迦様は菩提樹の下で坐禅に入って8日目の朝、

明の明星(あけのみょうじょう)をご覧になって、お悟りをひらかれました。

 

出山釈迦図 長福寺東序室中

お釈迦さまが7年間の厳しい苦行を打ち切り、山を降りられたときのお姿を描いた掛け軸

oshakasama.jpg

お釈迦様は、7年間の厳しい苦行の実践をつづけられ、その結果、苦行も悟りに達する道でないことに気づき山を降りられます。

その後、衰弱したお体をナイランジャナーの河で清め、村の娘スジャータの捧げる乳粥で体力を回復し、菩提樹の下に坐禅し、瞑想に入られました。

お釈迦様は、その時、お悟りをひらくまでは、ここを立たないと誓いをたてられました。

そして、坐禅に入って8日目の明け方、明けの明星(あけのみょうじょう)をごらんになって

お悟りをひらかれました。


坐禅会12月の日程

日時

     12月12日 (土)

       午後2時より約1時間 

       初めてのご参加の場合は坐禅開始15分前にお越しください。
 

場所

    長福寺ホール(長福寺境内)

 

参加方法

    自由参加・直接長福寺に集合

    但しグループ、団体(5名以上)で参加希望の場合は事前にお問い合わせください。

 

参禅料

    200円

 

服装・持ち物

    足の組みやすい格好でお越しください。(スカート等はお控えください)

    基本的に素足で行います。


坐禅会11月の日程

日時

     11月14日 (土)

       28日(土)

       午後2時より約1時間 

       初めてのご参加の場合は坐禅開始15分前にお越しください。
 

場所

    長福寺ホール(長福寺境内)

 

参加方法

    自由参加・直接長福寺に集合

    但しグループ、団体(5名以上)で参加希望の場合は事前にお問い合わせください。

 

参禅料

    200円

 

服装・持ち物

    足の組みやすい格好でお越しください。(スカート等はお控えください)

    基本的に素足で行います。

 

坐禅会10月の日程

日時

     10月25日(日)

       午後2時より約1時間 

       初めてのご参加の場合は坐禅開始15分前にお越しください。
 

場所

    長福寺ホール(長福寺境内)

 

参加方法

    自由参加・直接長福寺に集合

    但しグループ、団体(5名以上)で参加希望の場合は事前にお問い合わせください。

 

参禅料

    200円

 

服装・持ち物

    足の組みやすい格好でお越しください。(スカート等はお控えください)

    基本的に素足で行います。

 

9月29日は両祖忌

9月29日は両祖忌です。

両祖忌は、越前(福井県)の大本山永平寺を開かれた道元禅師様(どうげんぜんじさま)と

鶴見(神奈川県横浜市)の大本山總持寺を開かれた瑩山禅師様(けいざんぜんじさま)、

両祖大師の御命日です。

道元禅師様は、建長5年(1253)8月28日に54歳でお亡くなりになられ、

瑩山禅師様は、正中2年(1325)8月15日に58歳でお亡くなりになられました。

両祖の御命日を近代になって太陽暦に換算したところ、不思議なことにいずれも

9月29日となりました。

そこで、明治10年12月20日に制定された「祖師忌改正条例」で太陽暦での9月29日を、両祖大師のご命日とし「両祖忌」と定めました。


秋のお彼岸は9月20日から26日です。

長福寺では彼岸会法要が営まれます。

お彼岸は春と秋の年2回で秋のお彼岸は秋分の日のお中日9月23日をはさんで7日間です。 

お中日は太陽が真東から昇り真西(極楽浄土の方角)に沈み昼と夜の長さがほぼ等しくなります。   

「彼岸」とはお悟りの世界のことで、到彼岸(とうひがん)の略した言い方です。

私たちの世界(此岸しがん)から

お悟りの世界(彼岸ひがん)に到るという意味です。

この世とあの世が接するお彼岸に、先人たちは、仏道の修行、

すなわち、ご先祖様のお墓参りをして悟りの世界に到ろうとしたのです。

私達もお彼岸にご先祖さまのお墓参りをし、日頃の報恩、感謝の心を捧げましょう。     


大本山總持寺の二祖であられる峨山禅師の650回忌法要が總持寺にて厳修されます。

当山からも、住職が法要に参加しますとともに、世話人の代表の方々が参列しご焼香していただきます。


坐禅会9月の日程

日時

     9月12日(土)

       26日(土)

       午後2時より約1時間 

       初めてのご参加の場合は坐禅開始15分前にお越しください。
 

場所

    長福寺ホール(長福寺境内)

 

参加方法

    自由参加・直接長福寺に集合

    但しグループ、団体(5名以上)で参加希望の場合は事前にお問い合わせください。

 

参禅料

    200円

 

服装・持ち物

    足の組みやすい格好でお越しください。(スカート等はお控えください)

    基本的に素足で行います。


前の10件 3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13

アーカイブ