長福寺の方丈記

シアターグリーン学生芸術祭Vol7

8月2日から4日まで長福寺ホールを使用して演劇のお稽古をされていた

慶応義塾大学の演劇団体「不死鳥のナンコツ」が出演されている

シアターグリーン学生芸術祭Vol7を観に、昨日、池袋まで出かけてまいりました。

慶応義塾大学「不死鳥のナンコツ」は短編部門のノミネート作品(作品名称「佐藤さんち」)で、他に、短編5作品、長編5作品の出品があります。

 

この日は、彼らと他の2大学の短編部門の発表がありました。

どれも秀作揃いで、脚本の作風も演出も様々で、3作品とも楽しませていただきました。

彼らの舞台にかける熱い思いと、エネルギッシュな若者のパワーを存分に感じたひと時となりました。

 

このシアターグリーンについて少し説明させていただくと、

この劇場は、1968年に、この地にある仙行寺さんというお寺が、

宗教法人の社会事業の一つとして演劇活動の場を提供したのが始まりだそうです。

その後、1980年に有限会社となり、現在では、3つの劇場を保有しております。

周辺は、寺町で寺社も多く、閑静な一角となっています。

 

シアターグリーン学生芸術祭は、演劇を目指す大学生の登竜門になりつつあり

この演劇祭出身の団体演劇人も多いようです。

 


カテゴリ

アーカイブ