長福寺の方丈記

七草

今日は七草です。

今朝は、本堂様に七草粥をお供えし、家族でお相伴いたしました。

春の七草は、せり、なずな、ごぎょう、はこべら、ほとけのざ、すずな、すずしろです。

この7種の野菜を刻んで入れたお粥が七草粥です。

七草粥は、邪気を払い万病から身を守るといわれています。

また、おせち料理で疲れた胃を休め、野菜不足を補う意味もあります。

年が明け、瞬く間に1週間が過ぎようとしています。

まだ、御本山へのご挨拶(年賀拝登 ねんがはいと)や、行事も残っております。

寒に入り、寒さもより厳しくなっておりますが、気持ちを引き締めて事にあたりたいと思います。


カテゴリ

アーカイブ