長福寺の方丈記

大寒

今日1月20日からの15日間は、二十四節気の「大寒」となります。

一年で一番寒い季節となりました。

2月3日の「節分」で邪気を払い、4日に「立春」を迎えます。

 

昨日は、北風が吹きつける大変寒い一日となりました。

午前中は法要、午後は長福寺ホールでお葬儀がございました。

どちらもここ長福寺の地元のお檀家様でした。

大変気温が低い中、多くのご参列の方がいらっしゃいました。

 

ご参列のご長老がお話ししてくださいましたのは、

「家から近いお寺さんで葬式を上げてくださるから、参列できて、おみおくりできてよかった。

遠かったら、行くこともできないですよ。うちの若いもんが心配するしね。

お寺さんに行ってるとなると安心だから、家族にも迷惑かけないしね。

それに、本堂やホールまで暖かくしてもらってよかったよ。」というお話しでした。

 

寺院は、皆様もご存じのとおり、修行道場ですから冷暖房完備というのは、

如何なものかという考え方もあります。

しかし、昨今は日本の気象条件もかなり変化し厳しくなっています。

せっかくご来山いただいたのに体調を悪くされては、それこそ大変です。

 

春は待ち遠しいのですが、長福寺では、本堂・客殿はもちろんのこと

長福寺ホールも季節に合わせて空調を整えて皆様をお待ちしております。


カテゴリ

アーカイブ