長福寺の方丈記

七草

今日は七草です。

皆さんは、もう七草粥をいただきましたか。

春の七草は、せり、なずな、ごぎょう、はこべら、ほとけのざ、すずな、すずしろで、

この7種の野菜を刻んで入れた七草粥は、

邪気を払い万病から身を守るといわれています。

また、おせち料理で疲れた胃を休め、野菜不足を補う意味もあります。

 

今年のお正月は、元旦から雪が舞うなど寒さが厳しいように思います。

早朝の御本堂や開山堂は氷点下を温度計がさしています。

しかし、この寒さが身を引き締め、清々しさを感じさせてくれます。

まだ、お正月行事が残っておりますので、身も心も整えて日々精進したいと思います。


カテゴリ

アーカイブ