長福寺の方丈記

行く夏に思う

8月も今日で終わり。

夜の境内に響いてた蝉の声もいつの間にか虫の声に変わりました。

この夏は、例年同様、猛暑の中、大施食会法要(当山や他寺)、盆会供養、お棚経、そして地蔵尊縁日と、健やかに仏道精進できたことを感謝しております。

8月は、原爆の日や、終戦記念日という忘れてはならない日があります。

今年は7月に安保関連法案が衆議院でが可決し、今まで以上に、自分たちの世代にとって当たり前のように広がっている平和な毎日について、より現実的に考えなければならないと思うようになりました。

誰もが争いがない平和な世の中を望んでいることは事実です。

理想論や空論でない、誰もが理解できる法案の成立が望まれるとともに、他人事ではなく、日本の外交や安全保障について、自分達が進むべき道を真剣に考える時がきているのだと考えた夏になりました。


カテゴリ

アーカイブ