長福寺の方丈記

お彼岸のお中日

今日9月23日は、秋分の日で、お彼岸のお中日でもあります。

ご存知の通り、今日は、太陽が真東から昇り真西(極楽浄土の方角)に沈み昼と夜の長さがほぼ等しくなります。

 

このシルバーウィーク中は、お天気にも恵まれ、長福寺には、お年寄りを囲んでたくさんのお檀家さんがお参りにいらっしゃています。

お彼岸中は、「仏道精進の期間」と前にも述べましたが、普段の生活を送る中では、なかなかピンとこないのではと思います。

この期間に、ご自分のご先祖様のことやお墓のこと、お墓の跡継ぎのことを考えたり、子供たちにそのことを伝えたり、近況報告にお墓参りに行ったりとされてはいかがでしょう。

 

昨日、久し振りにお墓参りにいらっしゃったあるお檀家さんは、「息子夫婦にお墓参りに連れてきてもらえてとても嬉しかった。ご本堂様にお参りできて、元気がわいてきてこれからも頑張れそうな気がする。」と笑顔でご挨拶いただきました。

こちらも思わず笑顔になれるひと時でした。

 

お寺にきて、まずは、ご本堂様にお参りして、住職にご挨拶いただき、それから、ご自分のお墓にお参りに向かう、そのような皆さんのいつもの姿が、「仏道精進」に繋がっていくのだと感じています。

9195.jpg


カテゴリ

アーカイブ