長福寺の方丈記

東日本大震災から5周年

本日3月11日は、東日本大震災から5周年となりました。

当山では、巨大地震が起きた午後2時46分に合わせ法要をし、犠牲になられた方々のご冥福を祈りました。

当山の檀家さんの御親戚の中には、5年を経た今でも仮設住宅で暮らしていらっしゃる方や、福島第一原発の事故の影響で避難生活を余儀なくされていらっしゃる方もおり、その心痛を察するに余りあるものがあるとても辛い日となりました。

震災の記憶の風化と遅い復興の懸念の中で、真の復興に自分たちができることは何か、

防災に対してどのように取り組むべきか、もう一度考えていくべきだと思いを新たにしました。


カテゴリ

アーカイブ